How to earn money from Video Camera: Earn money from the Video Footage about Stock Photo (Japanese Edition)


Price: ₹ 330.00
(as of May 14,2021 07:09:21 UTC – Details)


そのビデオカメラが、お金を生み出す道具になる!

・手持ち型のビデオカメラ
・GoProなどのアクションカメラ
・手ブレを抑えるジンバルカメラ
・空撮が撮れるドローン
・動画撮影機能のある一眼レフ/ミラーレスカメラ
・動画撮影機能のあるスマートフォン

こうしたビデオカメラで、お金を稼ぐことができることをご存知でしょうか?
ぼくはビデオカメラを使って撮影した動画を世界中の人々に販売し、そして生活費を稼いでいます。
過去に国内・海外を旅行中にビデオカメラを使って撮影した動画を世界に販売することで、現在進行系で自動的に収入を稼いでくれる「コンテンツ」となっています。

この書籍では、すでに皆さんがお持ちのビデオカメラを使って収入を稼ぐ方法「ストックフォト」についてご紹介しています。

・ストックフォトとは何か
・「動画素材」はどんなことに使われるのか
・「動画素材」はどれぐらい稼げるのか
・「動画素材」を撮影するためのビデオカメラにはどんなものがあるか
・実際に「動画素材」を投稿して、販売していく方法
・どんな動画を撮影すれば売れるのか

などなど、実際に世界150カ国に向けて動画素材を販売しているぼく「20代怠け者」が、ストックフォトでの動画素材販売の具体的方法を、スクリーンショット多めの3万文字というボリュームでじっくり解説していきます。

5Gに代表されるような、動画の時代が来つつあります。
これからは、これまで以上に動画にまつわるビジネスは加速していきます。
その時代の波に乗る1つの方法が、動画素材の販売です。

せっかくお持ちのビデオカメラを、ただ趣味のためだけに使うのはもったいない!
「楽しみながら稼ぐ」次世代副業の世界に、飛び込んでみましょう!

【目次】
1章 ストックフォトってなんですか?
 ストックフォトは「素材」を販売するサービス
 動画素材はこんなことに使われる
 動画以外にも、こんなものが売られています
 動画ファイルの要件
 動画素材の幅を広げる「エディトリアル素材」とは

2章 動画販売の報酬単価と挑戦するメリット
 主要3サービスの動画素材の報酬単価
 メリット①アイデア次第で大きく稼げるチャンスがある
 メリット②自動的に稼いでくれるコンテンツになる
 メリット③言語の壁を越えて、世界中がお客さんになる

3章 動画素材を撮影する機材
 ビデオカメラ
 アクションカメラ
 ジンバルカメラ
 ドローン
 ミラーレス・一眼レフ
 スマホカメラ

4章 動画素材の編集と投稿方法
 動画素材投稿の全体の流れ
 動画素材の投稿に必要なもの
 動画の編集方法
 動画の投稿方法

5章 動画撮影のアイデア
 ストックフォトでは、こんな動画素材が売れている!
 大は小を兼ねるが、4K必須ではない

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here